HOME > ブログ > アーカイブ > 紫微斗数の最近のブログ記事

ブログ 紫微斗数の最近のブログ記事

紫微星とはどのような星か?

紫微斗数の古典である「紫微斗数全書」の太微賦には

帝の座であり造化の樞機すうき(かなめ)と書かれている。

これは言い過ぎな気来がある。

紫微星の三方には財帛宮が武曲、事業宮に廉貞が入り適材適所の配置となるが、

命盤12種で必ず良い効果を出すとは限らない。

 

配盤手順で目印の星であることは確か。

命宮が紫微星の人は色々で共通項としては

プライド」メンツを重視する。

陰陽五行では、己の陰土であり、大人しく何を考えているか解りにくい。

良い悪いは別にしてこの2点は事象として共通する。

命宮が紫微星だからと言って喜ぶほどの意味合いは無く

かといって凡夫とも言えない。

 


春から紫微斗数レッスン

紫微斗数の命盤は

その人の出生DATAから

各々十干、十二支が計算され

星が多く配置され

生れもっての基礎運、10年運、1年運、月運、日運と

幾重にも次元が重なって作成されます。

命盤を詳しく見ても非常に複雑で相互に影響している状態はすぐには解りにくいです。

これを解釈する第一歩としては。

1.星の意味を知る

2.宮位の意味を知る

これが近道です。

台湾の紫微斗数関連の本には膨大なノウハウが書かれていますが

近道は命盤を構成する星と宮位の基礎を理解することです。

星の性質には南北斗、陰陽、五行、旺廟利陥などの理解が基礎となります。

そのあたりの説明をしっかり把握しないと、ぼんやりとしか推断できないと思います。

 

そのような事を私の「紫微斗数レッスン」でお教えしています。



詳しく勉強されたい方は下記へお申しください。



紫微斗数鑑定&レッスン・申し込みはこちらへ


安倍一輝の紫微斗数レッスン


天魁・天鉞

紫微斗数の星耀の六吉星の中で

天魁星、天鉞星という星があります。

吉星です。

暦註などで天乙貴人、干支九星では昼貴人、夜貴人

という吉星がありますが、同じような意味合いです。

事象としては「貴人の助け、援助を受ける」がおよその意味合いです。

貴人とは自分にとってプラスになる人。

また見方を変えたなら、自分自身が貴人であるともいえます。

「貴」は紫微斗数の解釈で「禄」と共に良く使われます。

尊敬、尊重に値するもの。

この2つの星は人生で最も大切な「良い出会い」をもたらします。

良い出会いが無ければ、いくら財愛があっても満たされることは無いです。

故に非常に吉星な働きをする星と言えます。

補足として

この貴人の助けは天魁、天鉞星が絡んでいなくても、遷移宮の良い状態でも

現れます。

 

 


紫微斗数。同一命盤

 

命盤の種類は

年60×月12×日30×時12で合計=259、200通りとなります。

現在の日本の人口で考えると、男性約6100万人、女性約6400万人。

同じ命盤を持つ人は男性が235人、女性が247人となります。

 

ならば、男性235人は全く同じ運命となるか?

ならないですよね。

要因①

父母が違います。私の紫微斗数の考え方として、父母のDATAをその人の命盤に組み入れます。

これにより、元々の先天盤でも変化を生じます。

例えば、父母を考えなかったら、病気の現象は見当たらないのに、父母を考えた結果、先天的な持病が現れたなど。

要因②

実際の状況の差

現在の物事の推移の状況がどうであるか?

これに関して命盤では解りませんので、当事者とよく話すことになります。

例えば、今年の○月○日○時に自動車による事故の可能性が命盤にあるからといって、

当事者が自動車の免許が無かったり、その日時に外出しなかったりすると、その現象は出ません。

この様な状況の把握が大事です。

要因3

意識形態の状況の差

命盤の12宮は主に、その人の意識形態を現します。

1つの方向と量を持ちます。そのベクトルの力や方向は各人の誤差が考えられます。

物理の授業みたいになりますが、球の方向と力が同一でも、必ず同じ地点に落下するわけではないです。

この微妙な差異は命盤をもとに、当事者とよく話すことになります。

下に本日のお昼の命盤(男女別)を載せました。

この命盤一つでも日本国内で240人前後該当すると言うことです。(60年前も含む)

このバランス感覚をもって色々な事象を推敲していく方が上達の早道です。

 

男盤

女盤

 


紫微斗数・宮の廟旺利陥

紫微斗数を理解するのに初歩段階での

難関は宮の輝度(宮威)が挙げられます。

輝度は基本を説明している書籍でしたら、紫微斗数全書のものを

記載しているのがほとんどです。

例えば、亥宮の廉貞・貪狼は落陥となっています。

これは引用できるでしょうか?

命宮がそれであるなら、廉貞・貪狼の落陥のひととなりでしょうか?

これを理解するには指導力のある人に尋ねたり、実際に亥宮の廉貞・貪狼の人を観察する

必要があります。

私の考えとしてはこの亥宮の廉貞・貪狼は廟の宮であり、上司に良く服従し

働き者です。

廉貞・貪狼の落陥ではないと思います。

紫微斗数の古典はリスペクトしますが、その後の内容の理解がないと

実践の鑑定で行き詰まります。

 

 


1 / 58 : 1 2 3 4 5 6 Next

« 日記 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ

アーカイブ

QRコード

2018/04

 日 月 火 水 木 金 土
 1 234567
891011121314
115161718192021
22232425262728
29 3031    

2018/05

 日 月 火 水 木 金 土
  1 2345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 31   

 

空いています
時間によっては空いています
予約で埋まっています