HOME > ブログ > 紫微斗数 > 太陽太陰暦(旧暦)と斗数で使う暦について

太陽太陰暦(旧暦)と斗数で使う暦について

子由排盤作者の子由さんと久しぶりにメールのやり取りをした。

非常に丁寧に説明を続ける彼の姿勢にやはり台湾の師匠から

「ソフト計算は子由の排盤を使ったら良い」

と言われるだけの理解と情熱をもぅている人だと再確認した。

私はこのところ干支九星のソフトを作り上げ、

メイン占術である紫微斗数のソフト作りに取り掛かった。

ところが、国内の紫微斗数ソフトをしばらく眺めていて、

出生年月日時からの作盤が手計算と比べ、なんだか違う結果が出てきて

春秋していた。

およその対策を思いついて、子由さんに確認した。

現状の旧暦は朔日と節気が同日だと手前の月は閏にする。

またこれは仕方がないと思われるが、斗数の始まりの時刻は夜の11時から

始まる。月朔日時と節気日時との関係がおおざっぱである。

そのことがあまり話題に上がらないのは、月亮を重視する占術が少なく

ソフト化されているものが少ない現状がある。

台湾の方が極めて忠実に計算している。

ただただ、旧暦をプログラムに入れ、星を従って配置しているものがほとんどだ。

斗数の暦計算は

朔日時間に節気時刻が含まれれば閏ではない。

一日の始まりは午後11時からで朔時刻が11時以降であれば

旧暦の1日は翌日になる。

過去の鑑定を照らし合わせてもこの方法は個人的に信頼している。

 


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 太陽太陰暦(旧暦)と斗数で使う暦について

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shibitosu.com/bcms/mt-tb.cgi/566

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

< 天喜、紅鸞  |  一覧へ戻る

このページのトップへ

アーカイブ

QRコード

2018/10

 日 月 火 水 木 金 土
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28 2930 31   

2018/11

 日 月 火 水 木 金 土
    123
45678910
111213 14151617
18192021222324
252627 2829 30  

空いています
時間によっては空いています
予約で埋まっています