HOME > ブログ > 紫微斗数 > 紫微斗数の吉格凶格

紫微斗数の吉格凶格

紫微斗数である星がまとまると

「格局」になったりします。

言うなれば化学反応の様な象意を生み出します。

例えば、「鈴昌陀武」。

この格局は鈴星と文昌星、陀羅星、武曲星が三方四正内にある場合に成立します。

凶格と言います。

凶事が起きる。逆に吉の格局では吉事が起きる。

起きるものは起きる。

但し、軽重の差があります。

例えば両親の星が影響を軽くしたり重くしたりします。

ですから、同じ命盤でも両親の影響を命盤に取り入れた際、現象が顕著だったり、

現象は現れたが、本人はさして苦に感じていなかったりと差異があります。

格局の基本は現象が現れるです。

 

 

 

紫微斗数鑑定&レッスン・申し込みはこちらへ


安倍一輝オフィシャルサイト(PC)


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 紫微斗数の吉格凶格

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shibitosu.com/bcms/mt-tb.cgi/552

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

< 紫微垣   |  一覧へ戻る  |  安倍一輝・紫微斗数レッスンのご案内  >

このページのトップへ

アーカイブ

QRコード

2018/05

 日 月 火 水 木 金 土
  1 2345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 31   

 

2018/06

 日 月 火 水 木 金 土
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       

 

空いています
時間によっては空いています
予約で埋まっています