HOME > ブログ > 紫微斗数 > 左輔・右弼星

左輔・右弼星

左輔・右弼が命盤の夫妻宮に入ったり、夫妻宮をはさんだりすると

夫婦関係に危機有り。

これは、古典も多く書かれていますが、

左輔・右弼の助けや補いを間違えて意味を充てると

そのような解釈になります。

がしかし、今まで、鑑定させてもらった人の中で

そのような方にお会いしたことはないです。

もともと、左輔・右弼はじっくり、こつこつと有用な行動を重ねる意味を

持ちます。

「貴人の援助」

この貴人は自分にとって役に立つ人と解釈してよいです。

つまり、「自分そのもの」とも言えます。

援助が援交になっているんですね。

左輔・右弼が可哀想ですね。

 

 

 

 


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 左輔・右弼星

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shibitosu.com/bcms/mt-tb.cgi/540

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

< 酉の紫微貪狼はエロいのか?   |  一覧へ戻る  |  閏月生まれ  >

このページのトップへ

アーカイブ

QRコード

2017/10

 日 月 火 水 木 金 土
 1 23  4567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

 

2017/11

 日 月 火 水 木 金 土
   1234
567891011
121314 15161718
19202122232425
262728 2930   

空いています
時間によっては空いています
予約で埋まっています