HOME > ブログ > 紫微斗数 > 斗数命盤手書きの勧め

斗数命盤手書きの勧め

紫微斗数の命盤を作成する際、

日本の、ほとんどの人はソフトで作成しているかと

思われます。

それは悪いとは言いませんが、命盤全体を把握するために

手書きでどのようなプロセスを辿るのか理解しておく必要があります。

命盤構成の詳細は非常に複雑で意味深奥なものですが、

まず暦と符合した命盤かどうかは、一度、手で作成しないと

正誤の勘が持てません。

ソフトは色々なものが出回っており、随分と違いがあり、

私の生徒さんからも度々、質問されます。

この算出が正しくて、この算出は間違いは敢えて申しませんが

その様な基礎に地道な理解が必要だと言いたいです。

 

作成の順序、配置関係などは手で理解しておかないと

ある段階で伸び悩むことになります。

 

上図は台湾の元総統の李登輝さんの命盤ですが、

結構、人によって結果の命盤が違います。

色々、研究してみてください。

紫微星系と天府星系の配置方法のごろ合わせを書いておきます。

 

紫微星系は

シキ○ヨウブドウ2○レン

天府星系は

フインロウモンソウリョウサツ3○ハ

これ、覚えておいたら将来盤を変換するときに役立ちます。

最も、変盤レベルに至る人は自然と覚えることになります。

 


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 斗数命盤手書きの勧め

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shibitosu.com/bcms/mt-tb.cgi/537

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

< 先天命盤だけでは。  |  一覧へ戻る  |  紫微斗数・遷移宮  >

このページのトップへ

アーカイブ

QRコード

2017/08

 日 月 火 水 木 金 土
  1 2345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27 282930 31  

2017/09

 日 月 火 水 木 金 土
      12
3456789
1011 1213141516
17181920212223
24252627282930
       

 

空いています
時間によっては空いています
予約で埋まっています