HOME > ブログ > 紫微斗数 > 先天盤と事項宮位

先天盤と事項宮位

 

 

 

上の命盤は1944年9月15日酉時生まれの男性のものです

この方は4人兄弟の末っ子です。

命盤の兄弟宮を観ると、戌宮で廟(状態が良い)の状態です。

影響の強い三方には禄存、化科、化権があり、言ってみれば

「三奇加会格」という大変良い組み合わせとなります。

 

しかしながら、実際には、2人の兄が中年で早世されています。

このことは命盤には現れないのでしょうか?

 

今週の紫微斗数のテーマは「先天盤からどう観るか?」

です。


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 先天盤と事項宮位

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shibitosu.com/bcms/mt-tb.cgi/535

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

  |  一覧へ戻る  |  先天命盤だけでは。 >

このページのトップへ

アーカイブ

QRコード

2017/08

 日 月 火 水 木 金 土
  1 2345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27 282930 31  

2017/09

 日 月 火 水 木 金 土
      12
3456789
1011 1213141516
17181920212223
24252627282930
       

 

空いています
時間によっては空いています
予約で埋まっています