HOME > ブログ > 干支九星 > 暦に親しむ

暦に親しむ

占いを始めてから

私の使っている万年暦は天象学会の「平成萬年暦」です。

その他に神明館の運勢暦

青年気学研究会の四盤暦

たまに台湾の陰陽万年暦


この暦というものは考えてみると

人間の英知だと最近つくづく思います。


暦に閏は昔から付き物です。

若いころは精度に忠実にやれば良い占いの基礎と思っていました。

それはそうですが

暦は経年するとズレが必ず生まれてきます。

嫌だといってもそうなります。

良く良く考えますと

閏日の手前の日時なんてかなりズレているわけです。

ではなぜ命術が古来から継続しているか?

精度よりも大事なもの。

循環は綿々と乱れず続いているからです。

故に暦に英知を感じるわけです。

 

 


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 暦に親しむ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shibitosu.com/bcms/mt-tb.cgi/532

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

< 先天命盤の限界  |  一覧へ戻る  |  三命通会 明朝版 >

このページのトップへ

アーカイブ

QRコード

2018/01

 日 月 火 水 木 金 土
  123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28 293031   

2018/02

 日 月 火 水 木 金 土
    123
45678910
111213 14151617
18192021222324
252627 28   

空いています
時間によっては空いています
予約で埋まっています