HOME > ブログ > 紫微斗数鑑定の四診心法

紫微斗数鑑定の四診心法

 

紫微斗数のベースにあるものとして「陰陽五行」がありますが


これが実に漢方(中医学)に非常に密接に符合しています。


星の擦り合いや宮の状態などに顕著に観られます。


中医と言えば患者の病気の診断に対し「四診心法」という


患者が今どのような状態でそれならばどのような治療方針で取り組むかという前処置です。


1.まず観る


2、音を聞く


3、本人の状態を聞く


4.直接触って診断を行う


これらは紫微斗数の鑑定にもそのまま言えることです。


生ませた生年月日時刻が同じであれば


同じ紫微斗数命盤になりますが


それではアドバイスがまったく同じであるかと言いますと


差異が出てきます。


「お腹が痛い」といっても冷えたからか、食べ過ぎたせいか、腸の働きに支障をきたしているのか、


奥さんに叱られたのか・・・。


原因としては命盤に出てくる場合がありますが「易占」と同様


相互的なものを推察し、現象を弁証、まとめないと話になりませんから


このような前処置は必要となります。


そんなことを「紫微斗数レッスンでご説明しています。

 

 


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 紫微斗数鑑定の四診心法

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shibitosu.com/bcms/mt-tb.cgi/464

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

< 紫微斗数の宮の状態は重要  |  一覧へ戻る  |  紫微斗数初級クラス >

このページのトップへ

アーカイブ

QRコード

2019/01

 日 月 火 水 木 金 土
   12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

 

2019/02

 日 月 火 水 木 金 土
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
       

 

空いています
時間によっては空いています
予約で埋まっています