HOME > ブログ > 紫微斗数の禄存

紫微斗数の禄存

紫微斗数の禄存星は禄と安定という象意があり

状態が旺の宮に入ればその効果を発揮し、

平や落陥の宮に入れば効果は不定です。

無主星の宮に入れば「委曲」といって物事を成就させるのが困難で努力が実り難い

傾向がある。

すべての星耀に言えることですが、良い効果が出る状態と悪い効果が出る状態と言うのが

有ります。

禄存ならば財禄、安定が良い効果、財を得るのが困難、不安定が悪い効果ということです。

単純に禄存星があるから良いとは言えない。

悪い状態の星と同宮したら悪い星をのさばらせる面も持ち合わせています。

 


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 紫微斗数の禄存

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shibitosu.com/bcms/mt-tb.cgi/455

コメント(2)

はじめまして (2013年5月30日 17:03)

禄存星は絶対ではないですよね。
私の夫妻宮に禄存星がありますが、同宮している破軍星が平なのでイマイチでしょうか。
ちなみに破軍星には化権がついています。
禄存は天馬との同宮を喜ぶとネットで拝見しましたが、天馬が同宮するとまた違う内容になるのでしょうか。


安倍一輝 Author Profile Page (2013年6月10日 22:53)

命盤の基礎の宮位の状態
命宮、身宮、財官、福徳宮を観ないと
なんとも判断付きかねます


コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

< これが命盤? 蒋介石  |  一覧へ戻る  |  紫微斗数・空劫 >

このページのトップへ

アーカイブ

QRコード

2017/03

 日 月 火 水 木 金 土
    1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 31  

 

2017/04

 日 月 火 水 木 金 土
      1
2345678
910 1112131415
16171819202122
23242526272829
30      

 

空いています
時間によっては空いています
予約で埋まっています