HOME > ブログ > 紫微斗数・星の吉凶は?

紫微斗数・星の吉凶は?

 

まず、基本的なことで言いますと、まず命盤に配置された星は、本来吉凶の差が無いと観たほうが


良いかと思います。

 

特に日本の紫微斗数関係の書籍には、


この星は吉星、この星は凶星という考え方が多いですが、吉凶は命盤での


星の配置や宮位や四化星などの相互間の結果であって、


単純に殺破狼は凶星だとか、まったく妙な解釈の説明が多いようです。


例えば、そうですね、紫微星は「王様のような」性質を持っており、ベストオブ斗数の星たちみたいに


古典でも憧れの存在みたいに書かれていますが、私はそれは古代の人たちのちょっとした


ロマンティシズムのように思えます。


よ~く観察して観てください。


そして星というシンボルの意味、即ち本質を明らかにしようとすると、


誤謬や無駄なものが落ちて行きます。


紫微星が手放しで吉星であるなら、疾厄宮に入れば健康であるだろうし、


福徳宮にあれば、悠々貴人であるだろうし、


六親に入れば「刑剋」の事象など出てくるわけがないでしょう。

 

 

 


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 紫微斗数・星の吉凶は?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shibitosu.com/bcms/mt-tb.cgi/453

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

< ムービーで学ぶ紫微斗数レッスン開始  |  一覧へ戻る  |  これが命盤? 蒋介石 >

このページのトップへ

アーカイブ

QRコード

2018/12

 日 月 火 水 木 金 土
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23 2425 26272829
3031     

2018/11

 日 月 火 水 木 金 土
    123
45678910
111213 14151617
18192021222324
252627 282930 

空いています
時間によっては空いています
予約で埋まっています