HOME > ブログ

ブログ

紫微斗数・変卦

インド占星術の命盤は1つですが

詳細を観る場合、12種のホロスコープを使います。

これを「分割図」と言います。

 

私が行っている紫微斗数もこれと同様に

仕事であれば仕事に、結婚であれば結婚に詳細を現すことのできる

「変卦」があります。

飛星だけでも届かない事柄を考えることができるので

最近は良く使う技法です。

 


自化忌

 

「自化忌」を取り上げる鑑定者がいます。
飛星派からのものです。
原書には無いです。
私は夫妻宮が午の太陽化権で自化忌ですが
非常に恵まれた結果です。
複数の他人からもうらやまれますので
独りよがりの判断でもないと思います


自化忌が大限命宮なら私も事象を気にしますが
単純に一つの宮位のみで
ここがよろしくないと言っているわけで
部分的解釈の推断だと思い、15年ぐらい前に
自化忌を考えるのは辞めました。
教訓として実際の日常でどうなのかを調べる。
命盤の部分的な解釈は簡単に破綻する頼りないものだということです。


方位と家相

方位の吉凶の他に

家相の吉凶が人生に大きく影響する。

 

 

 


紫微星とはどのような星か?

紫微斗数の古典である「紫微斗数全書」の太微賦には

帝の座であり造化の樞機すうき(かなめ)と書かれている。

これは言い過ぎな気来がある。

紫微星の三方には財帛宮が武曲、事業宮に廉貞が入り適材適所の配置となるが、

命盤12種で必ず良い効果を出すとは限らない。

 

配盤手順で目印の星であることは確か。

命宮が紫微星の人は色々で共通項としては

プライド」メンツを重視する。

陰陽五行では、己の陰土であり、大人しく何を考えているか解りにくい。

良い悪いは別にしてこの2点は事象として共通する。

命宮が紫微星だからと言って喜ぶほどの意味合いは無く

かといって凡夫とも言えない。

 


春から紫微斗数レッスン

紫微斗数の命盤は

その人の出生DATAから

各々十干、十二支が計算され

星が多く配置され

生れもっての基礎運、10年運、1年運、月運、日運と

幾重にも次元が重なって作成されます。

命盤を詳しく見ても非常に複雑で相互に影響している状態はすぐには解りにくいです。

これを解釈する第一歩としては。

1.星の意味を知る

2.宮位の意味を知る

これが近道です。

台湾の紫微斗数関連の本には膨大なノウハウが書かれていますが

近道は命盤を構成する星と宮位の基礎を理解することです。

星の性質には南北斗、陰陽、五行、旺廟利陥などの理解が基礎となります。

そのあたりの説明をしっかり把握しないと、ぼんやりとしか推断できないと思います。

 

そのような事を私の「紫微斗数レッスン」でお教えしています。



詳しく勉強されたい方は下記へお申しください。



紫微斗数鑑定&レッスン・申し込みはこちらへ


安倍一輝の紫微斗数レッスン


アーカイブ

1 / 95 : 1 2 3 4 5 6 Next

このページのトップへ

アーカイブ

QRコード

2018/05

 日 月 火 水 木 金 土
  1 2345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 31   

 

2018/06

 日 月 火 水 木 金 土
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       

 

空いています
時間によっては空いています
予約で埋まっています